デツール V

St Remy de Provence

南仏プロヴァンスに魅せられた2人の画家ゴッホとセザンヌにゆかりの地を訪ねます。
9. St-Remy-de-Provence  サン・レミ・ド・プロヴァンス
ビゼーの作曲した管弦楽組曲「アルルの女」で有名なアルルはシーザーのガリア戦記にも出てくる歴史のある南仏の町です。行政圏だけで言えばフランス最大の面積を持つ大都市となります。古代ケルト語で「沼の近くの場所」を意味するアルルは実際ヨーロッパ最大の湿地帯カマルグへの玄関口となっています。作曲の元になったドーデの短篇集「風車小屋便り」内の一篇「アルルの女」からもわかる通り、複数の人種の混血からか美しい女性の多い町とされています。

ガリアの小ローマと呼ばれたアルルにはフランス最大の円形闘技場、古代劇場など多数のローマ遺跡がありロマネスク教会と共に世界遺産となっています

1886年パリで絵画アカデミーに入り、南仏ツールーズ出身の画家仲間ロートレックに「南仏に行くのならアルルにしろよ。美人が多いから。」と言われたゴッホがアルルに着いたのは1888年2月でした。その後ゴーギャンとの夢も破れ1889年5月には自らサン・ポール修道院の精神病棟に入ります。1年後に退院しパリ近郊に移り2ヵ月後に自殺しています。

サント・マリー・ド・ラ・メールの闘牛場の前で民族衣装を着てファランドールを踊るアルルの女たち

150点にも上る作品を残したサン・ポール・ド・モーゾール修道院はアルルから車で30分ほどのサン・レミ・ド・プロヴァンス(アルルの一部です)の町はずれにあります。町の名はフランク王国初代王クロービスに洗礼を授けた司教レミに由来します。メロヴィング朝時代(5~8世紀)、この地はランスのサン・レミ大修道会の所有地となり982年修道院が創設され、フランス革命後は精神病院となり、2014年からは文化センター(ミュージアム)も併設しています。入院中のゴッホは自室以外にアトリエと画材置き場の2部屋を与えられ写生にもある程度自由に出れたようです。院内の庭や畑、町への道など多くの場所に『アイリス』『星月夜』『オリーブの林』など、ここでこの絵を描いたとの説明パネルが設置されています。
門から院入口に続く小道の途中ではロシア人ザドキンによる向日葵を持ったゴッホの銅像が迎えてくれます。2階には窓に鉄格子の入ったゴッホの部屋が再現されています。『アイリス』を描いた庭からは四角い鐘楼を持つロマネスク様式の修道院の優しいフォルムがラヴェンダー畑越しに見えます。
修道院案内:ゴッホの部屋や庭・畑を廻れるとあります 修道院入り口に続く小道。奥には大きな糸杉が。6月上旬でも木陰が恋しくなります この院内で描いた自画像 好きな向日葵を持つザドキンによる銅像 2階への階段。ゴッホの複製画と共に入院患者の作品が展示されています 再現されたゴッホの病室 鉄格子越しにコクリコとラヴェンダーの畑が見えます
 
アイリスに代わりバラが咲いています ラヴェンダー畑越しにロマネス様式の礼拝堂が見えます 『星月夜』を描いた場所。塀は無かったのかな 『星月夜』  アルル町中央にある昼のカフェテラス。ゴッホランチは15€です 『夜のカフェテラス』 
メモランダム:サン・レミ・ド・プロヴァンスの観光案内所を訪れたのは6月上旬の正午過ぎでした。やはり閉まっていました。ここミディでは初夏ともなると日差しが強くなり、住民はしっかり昼休みを取ります。観光案内所も例外ではありません。嘗ては自分もそうしていたのに忘れていました。直接サン・ポール修道院に向かいました。

『アイリス』

門を入ると人影もなく、静寂な院内をゆっくり廻り中庭に出ました。アイリスの畑があります。アイリスのピークはすでに終わっていましたが日中にこの乾いた空気の中でこの日差しの下、絵を描くのは結構大変だなと思いました。しばらく行くと『星月夜』のパネルが塀に掛かっています。夜、真っ暗な何もないこの庭で空を見上げ星を描いていたのでしょうか?

赤いコクリコ、ひなげしが咲いていました

病院側の対応の仕方などからするとゴッホは決して狂人ではなかったようです。むしろ150点もの作品を残したここでの1年間の生活は大変充実したものだったとも思えます。アルルを気に入っていた彼は画家たちとの共同体生活の夢は破れても、描きたい意欲は衰えず、むしろ強くなり、行動の制約があるなか手近なものを画題とし昼・夜寸暇を惜しんで制作していたのではないでしょうか?アイリス、オリーブの林、星空、麦畑、糸杉、一見平凡な画題も描く側に意欲があれば非凡なものに生まれ変わるのでしょうか。どの作品からも挑戦的な気迫と描くことの喜びが伝わってきます。
帰路門を出ると広い駐車場に何台もの大型観光バスが停まっており大勢の見学者が並んでいました。 観光案内所をパスしたのが正解だったようです。

Ste Vic

10.Montagne Ste. Victoire サント ヴィクトワール山
南仏コートダジュール、ニースからマルセイユへの高速道路8号線を走りエクサン・プロヴァンス(エックス)に近づくと右手側に日本では見かけない白い岩肌の馬の背状の山が見えてきます。これが石灰岩でできた18kmにも及ぶ標高1011mのサント・ヴィクトワール山です。聖なる勝利の山とは紀元前102年シーザーの伯父にもあたるローマの将軍ガイウス・マリウスが南下する蛮族(ゲルマン人)をこの地で打ち破り共和制ローマを護ったことによるそうです。

サント・ヴィクトワール山とアルク川渓谷の鉄道橋

一方この岩山を描き続けたポール・セザンヌは1839年エックスで生まれ、銀行家の父親の法律家にさせたいとの希望に背き、22歳で画家になるべくパリに出ます。しかし国立美術学校の受験に失敗し入った絵画アカデミーではピサロ、ルノワール、モネ、シスレー等の画家仲間と知り合いますが結局、絵のテーマとなるモチーフが見つからず故郷に戻ります。その後30歳の時絵のモデルをしていた19歳のオルタンス・フィケ(Hortence Fiquet)と知り合い同棲を始めます。住居もマルセイユやパリ近郊など移り住み、印象派の仲間と活動を共にしたりしますが、公のサロンには落選し続けます。そんな彼がエックスとマルセイユを結ぶ鉄道が開通した半年後の1878年4月、親友エミール・ゾラに送った手紙の中で『アルク川渓谷に掛かる鉄道橋を渡る汽車の窓から眺めたサント・ヴィクトワール山はなんと素晴らしいのだろう。モチーフになるよ。』と書いています。そしてその年から彼はこの山を描き始め油彩・水彩計80点近く描くことになります。
探し求めていた絵のモチーフは幼い日、親友のゾラ達とその麓を探検して歩いたサント・ヴィクトワール山にあったようです。
1989年山火事で南面の多くが焼失しその後再生に努めていますが針葉樹が多く元のようにはならないそうです。エックスの市民に愛されているこの山には多くのハイキングコースがありハイカーやキャンパー、ハンググライダー乗りなど年間70万人にもなる人々が集っています。

サント・ヴィクトワール山南西からの眺め 標高946mに建つプロヴァンスの十字架からはプロヴァンスの景色が一望できます 豊かな植生や小動物の案内版 後方の山頂にプロヴァンスの十字架を望むセザンヌの道 画材を背負って出かけるセザンヌ像 山麓で遊ぶロバ 石灰岩で麓のカタツムリの貝殻は真白 大きな松のあるサント・ヴィクトワール山、アルク川渓谷の鉄道橋が見えます サント・ヴィクトワール山 サント・ヴィクトワール山とシャトーヌワール 巨大キャンバスが入るよう手直しされたスタジオ
メモランダム:セザンヌは度々キャンバスなどの画材を背負いサント・ヴィクトワール山の麓まで写生に出かけています。ある時は父の別荘から、ある時は町のアパートからまた晩年はアトリエから。この道は現在『セザンヌの道』と呼ばれています。荷馬車に乗せてもらい途中の村まで行きそこから石切り場やシャトー・ヌワールなど好きな場所に歩いて行ったようです。
この道を歩きだした頃のセザンヌは経済的にもかなり困窮していました。オルタンスとは父親が亡くなる1886年まで16年間内縁関係で、母親や妹たちとも決して良い関係ではありませんでした。題材・色彩など批判される彼の絵を擁護する批評を書いてくれたゾラはすでに小説家として成功(居酒屋'76、ナナ'79年)を収めていました。この赤土の道をどのような気持ちで歩いたのでしょう? 幼い日々から見慣れていたこの勝利の山の何が創作意欲を鼓舞したのでしょう?

地中海からの風で七変化する雲

『セザンヌの道』を山麓まで行くと「サント・ヴィクトワール山の家」なる案内・休憩所があり人々の憩いの場となっています。広い駐車場に続く草原では山羊が草を食んでます。見上げるとちょうどプロヴァンスの十字架が真上辺りにあります。十字架の背景はプロヴァンスの青い空。地中海からの風に吹かれるのか白い雲が5分と同じ形をしていません。いつまで見ていても飽きませんでした。

アフタークルーズへ