アフタークルーズ IV

南仏のコートダジュールにはいくつものお薦めポイントがあると思いますが今回は所謂鷲の巣村と呼ばれる村と近隣をご紹介します。

サン・ポール・ド・ヴァンス

7. St-paul de Vence (サン・ポール・ド・ヴァンス)
ニースとアンチーブの間を山側に車で30分ほど走ると小高い丘の上に教会の鐘楼が見えてきます。コートダジュールで最も人気のある鷲の巣村のひとつサン・ポール・ド・ヴァンスです。嘗ては単にサン・ポールでしたが数多くの同名の町村と区別するために2011年以降は、詩人や歌手が使っていた隣町ヴァンスの名前を付けた村名になっています。16~17世紀の家々が並ぶ路地には最新のファッションを飾る店や彫刻、絵画、オブジェなどを展示するアートギャラリーが軒を連ねています。多くの観光客が満ち足りた様子でカフェの木陰で憩っています。村を囲む城壁に腰掛け南を眺めると彼方にグランモットのリゾートマンション越しに紺碧の地中海が輝いています。イブモンタンが結婚披露をし、シャガールが20年暮らし墓もあるまさに風光明媚な芸術村です。

人気の鷲の巣村サン・ポール・ドヴァンス 城壁に座ると遠く地中海が見える 村中がアート作品展示場 ねこ 村のペタンク広場にこの作品 住民と作品の距離は極めて近い 村で最初に出会うアート作品

この村のはずれにあるのがマーグ財団美術館(Musee Fondation Maeght) です。
パリに画廊を持ち画商でもあるマーグ夫妻が近・現代の芸術作品を誰でもが自然の中で鑑賞できるようにと親交のあった芸術家たちと共に作った美術館です。1964年7月の開館式で当時の文化相アンドレ・マルローが「未だ嘗てない試みがなされた」と賛辞を述べた通り、美術館の建設工事中から彼らは建物と周囲の庭園・自然環境に調和するよう作品を制作・設置したのです。「歩く男」達のジャコメッティの中庭、彫刻・オブジェにあふれるミロの迷路、シャガールの壁面モザイク画、ブラックの泳ぐモザイク魚のいる池と白い鳥と紫葵のステンドグラス等などどれも周囲にマッチしています。
コルビジェの弟子スペイン人ホセ・ルイ・セルトの設計 S.P.d.ヴァンスから坂道を15分ほど歩くと到着です ミロ迷路の入り口の番人? ブルガリア人梱包の芸術家クリストの石室墳墓 ジャコメッティ、ミロ、シャガールを独占です。何故か嬉しくなります ミロ ステンドグラス 楽しくなるミロと後ろはクリストの墳墓 ミュージアムショップ外壁のシャガール ミロ 雲の位置も考えていたのでしょうか?  ブラック 白い鳥のステンドグラス なるほど、建設中に制作したブラックのモザイク魚 マーグ夫妻の望みの通り地中海松の林の中に作品が

メモランダム:村は芸術作品であふれています。道の中央に猫(の像)がいたりダンスを踊る女性(像)がいたり加えて思い思いの作品を飾るギャラリーが軒を連ねています。多くの観光客はここで思いを遂げたようです。ここから案内も十分でない坂道を15分歩くマーグ財団美術館には驚くほど観覧者がいません。でも正面入り口に近づいた時、いい処に来たと確信します。村とは異なり静寂の地中海松林の中、緑の芝の上に作品がどうぞご覧くださいと展示されています。館内ではミロ、ジャコメッティ、シャガール、ブラック、レジェ・・・が間近に独占鑑賞でき何故か嬉しくなります。マーグ夫妻の多くの人に自然の中で自由に作品鑑賞をとの考えから美術館はイベントでの利用もできます。2018年ルイ・ヴトンのファッション新作発表会はここで行われました。

ヴァンス

8.Vence (ヴァンス)
サン・ポール・ド・ヴァンスから車で15分ほど北・山側に上るとヴァンスの町になります。人口は5倍近く多いのですが、観光客は少なく、南仏特有のボーと呼ばれる頂上が平らな小山の麓にある町です。このボー・デ・ブランの中腹にあるのがマティスが設計から内装までを手掛けたドミニク派ロザリオ礼拝堂(La chapelle du Rosaire)です。

礼拝堂外観わずか15x6x5mの空間です

ヴァンスの町が右手に見下ろせるほど山道を登った道端にひっそりと建っています。マティスは77歳から81歳(1951年)まで全精力を結集しこの礼拝堂を完成させた後、84歳で亡くなりました。
彼はこの礼拝堂について書いた文章の中で『この礼拝堂は私の人生の集大成である』『この仕事は私が選んだのではなく、人生の最後に天命により私が選ばれた仕事なのだ』と述べており、内装については『色は単純であればあるだけ見る者の気持ちに訴える。例えば青、補色の光線に包まれた青は強いドラの響きのように訴えてくる。』『礼拝堂での最大の狙いは光と色による面(ステンドグラス)と白地に黒のデッサンで埋まった壁面との均衡を取ることであった』としています。また『この仕事の評価は新しい芸術の波が来るまでわからない』と後世に託しています。ニースの高台にあるマティス美術館には彼がいかに多くの時間と精力を費やしたかを思わせる礼拝堂の模型や壁絵のデッサン等などが多数展示されています。
ヴァンスの町(旧市街)は優しい陽光のあふれる静かな町でした。旧市街の入り口の歴史ある泉には清らかな水が溢れ、老人が飼い犬にその水を飲ませていました。

「ヴァンスの国」南からサンポール、ヴァンスそしてボー・デ・ブラン ヴァンスの町から見るとボーの中腹に礼拝堂があります サン・ドミニックと聖母子のいる入口 サボテンが現す命の木とサン・ドミニック 青・黄色のステンドグラスを通して一日中白い床に南仏の光が躍る 聖母子像とリストの受難が白地のタイル上に黒一色で描かれています 天たかく上る祈りを表す十字架 長い歴史のある町中の泉、飲料可  ヴァンスの旧市街の陽光に恵まれたピザリア『太陽の釣り人』 食欲を誘うピザとプレーンオムレツ ニース中央高台にあるマティス美術館

メモランダム:ロザリオ礼拝堂に行くことにしたのはニースのマティス美術館で見た設計図や模型、僧衣、壁画のデッサンなど膨大な数の展示物が理由でした。色彩の魔術師と呼ばれた彼の何となく好きな作品が見れるものと期待していたのですが、あたかもロザリオ礼拝堂製作プロジェクトスタジオのようでした。一度目は近くに行ったついでに寄り、締まっていました。2度目はミサがされており一瞬入れただけでした。3度目はボランティアのガイドが全て案内してくれました。2度目に一瞬目にした、左手のステンドグラスを通し椅子に座りお説教を聞く人々の上に南仏の青・黄色の陽光が降り注いでいる光景は身震いするほど素晴らしいものでした。ここなら神父様のお説教を聞くのもいいなと思いました。
マティスは死の淵にいた彼を看病し続けたシスターの依頼を受け無償で製作したそうです。
アフタークルーズへ